2018年4月30日月曜日

2018/04/30釣行 接待ボートシーバス

どうも。ためぞうです。

春を迎えました。
そろそろ始動した方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
今年は川を遡上するシーバスがまだ海に残っているらしく、海でのシーバスの釣果が多く聞こえてきます。

そんな中、息子と一緒にnaga船長のSRV号に乗船しボートシーバスを楽しんできました。
この冬ワカサギ釣行した際、naga船長から息子にシーバス釣りに連れて行ってくれるとのお話があり実現。
シーバス用にひとつリールが欲しいと言っていたので、何か良いものあったら買ってやろうと思ったら、「自分のお小遣いの中で自分の選んだものを買いたい」となんとも涙の出る言葉がでてきました。
そしてそのリールを装着していざ出航。



naga船長は息子に釣ってもらおうとレクチャー。
しかし初めての船上でのキャスティング。
思ったように上手にキャストできません。

思い出すなぁ...
自分も最初はおっかなびっくりで
まともにキャスティング出来なかったなぁ...

少し慣れてきたと思うとルアーをテトラに引掛けてロスト。
親父は息子のラインシステムを何回作ったのだろうか?(笑)
でも良いんです。今日は接待のつもりで出船しました。春季大会も終わり、ずーっと学校内での部活で疲弊していたので、少しは楽しい思いをしてもらおうと思っていました。

そんな思いでいても、KYな大人二人は息子よりも先に釣り上げてしまうという失態(笑)
何とか釣り上げて貰おうとルアーが着水した直後、naga船長の操船で魚のいるラインを通す戦法に。すると.....

ようやくロッドが弧を描き、
初シーバスを捕獲。
そして最後は 

なんと黒鯛を捕獲。
ご満悦。

任務完了して帰港。


naga船長のご厚意で実現した息子のボートシーバス。
とても楽しい忘れられない1日となったようです。
naga船長今回も大変ありがとうございました。

2018年3月5日月曜日

2018/03/04ワカサギ釣行 県南ダム湖超ドM釣行

どうも。ためぞうです。

おそらくこれが今シーズン最後の釣行。
場所によってはもっと出来るんでしょうが、娘の進路次第でほぼ週末の釣行は無理と思われます。

今シーズン自分のホームである八郎潟での釣行はプライベートで1・2回だったような記憶。それ以外はほぼ毎週末SRVヘッポコ倶楽部ワカサギ部のメンバーとあちらこちらと釣行しました。

そして本日のSRVヘッポコ倶楽部ワカサギ部の釣行は、2組に分かれました。
1組はnaga船長はじめ十二湖組と私ためぞうとタツマさんの県南のとあるダム湖組。(後にnaga船長組は十二湖から能代へ移動しての釣行と変更になったらしい)

場所名はガイドして頂いた現地SRVヘッポコ倶楽部ワカサギ部員のNOBUさんとそのお友達より伏せて欲しい旨の雰囲気だったので、写真の背景での想像をお願いします。
集合場所はとある道の駅。
除雪した雪山がすご過ぎです。
ここから10数分移動です。


 
 
 
 
雰囲気は抜群。

前日の情報で3束の実績があったとの話を聞いて期待が膨らみますが、穴開けが大変。氷というよりも積雪の上での釣りになるため・・・

 
一所懸命に穴を開けるタツマさん。
こんな長いドリルでなければ底の真氷に届きません。

ようやく釣り座を確保して8時くらいには釣り開始。
水深は13mほど。
魚探は氷(雪)が1mほどあるためセンサーが氷の下までなかなか届きません。センサー部にオモリをつけて沈めてようやく様子を確認。
ポツポツと反応があるものの、前日の3束が釣れたと言うような反応ではありません。
なんとなく修行が必要な我慢の釣りなんだろうという予感。
そんな中、どんな渋い状況下でも修行大好きというSRVヘッポコ倶楽部ワカサギ部の若頭エースのタツマさんはヒョイヒョイと釣り上げます。
開始1時間半で約50匹くらいまで到達。
この時点でためぞうは10匹ちょっと。
約4倍の差!

一時的に魚探に反応が出てラッシュらしき状態にもなりましたが一瞬だけ。
この一瞬の差ですでにこの差が出てしまう訳ですから、まだまだ修行が足りません。
さすがです。

しかし、ここから本当の修行。超ドMな展開。
魚探には反応なし。時速0~2ワカのペースが続きます。
14時過ぎに終了して結果22匹。タツマさんNOBUさん70オーバー。

いつもここ最近は激渋ばかりでしたが、これだけの経験は久しぶり。
そんな状況下でもこれだけの差が出るという事はウデの差。ワカサギ釣りって本当に奥が深い。釣れれば楽しいのは当たり前ですが、釣れなくても次に何をすべきか?など沢山考えることが出来る釣りです。本当に楽しい。

今回はタツマさんと一緒のテントで何とか若頭エースの釣りを見て自分の糧となるようにしました。とても勉強になりましたね。

ワカサギ釣行は今シーズンは恐らくこれで終了ですが、振り返ると超のつく猛者といって良い方々と釣行する機会が増えました。なんとかこの経験を自分のものにしてウデを磨きたいものです。





2018年2月19日月曜日

2018/02/18 ワカサギ釣行 ニューアイテム・爆風・貧果

どうも。ためぞうです。

本日は能代。
前日からの低気圧発達に伴う爆風。
そんな事は全く気にしないSRVヘッポコ倶楽部ワカサギ部。
部員はあの爆風でも中止なんか考えない強者ばかり。
それとも単純にただの釣りバカなのか....(笑)

今回のメンバーはnaga船長、NOROさん、やまPさん、sskさんとお子さん2人、タツマさん、アマノさん夫妻、そしてためぞう親子の総勢11人。
何となく現場6時半頃集合みたいな感じで集まり、いざ赤坂沼へ。

先週の十二湖遠征時に話題になったのがPROXのアンカーとテント。
アンカーはテント内で天井から直下の穴に通し安定させるもの。
こんなイメージ。
※PROXのページより

そして強風に強く、12カ所をペコッ!ペコッ!とするだけで快適な居住空間を確保できるテント。

この気になる2つのアイテムがなんと今週になるとなぜか存在してしまう狂気のメンバー。
naga船長の即決購入。
セミラージサイズ。広い!

まぁアンカーまでの購入は何となく解りますが、このテントをササッ!と購入してしまうなんて男らしいですね。本当に快適空間。お薦めテントです。

爆風の中でのテント設営。
沢山人数がいるので、皆で協力して爆風と戦いながらの設営。
ちょっとしたテント村が出来上がりました。

 
アンカーが効いてます。
ちなみにためぞうのアンカーは
100均商品からのDIYです。

そして注目の部員はやまPさん。
前回までは「仮入部!仮入部!」と言っていましたが、今回の釣行では........

なぜか竿とリールが揃っている状況
はい。完全入部決定(笑)

そして肝心の釣果と言うと。

「超激渋」

どれくらい渋かったかと言うと恐らくこのあとnaga船長のブログで報告があるはず(笑)
ちなみに、ためぞうは46匹、息子は29匹という結果。

皆釣果を伸ばせず嘆き節炸裂の中、一際抜群の釣果を見せてくれたのがこの方。
皆超貧果の中ダントツの80オーバー
のタツマさん。

何か違う釣り方をしているようで、naga船長は今回この釣り方をマスターしようとしていたらしい。次同じテントになったら是非見てみたい。

そしてsskさん親子。
お子さん2人はワカサギデビュー。
楽しんだかな?

そして今回SRVヘッポコ倶楽部ワカサギ部に初参加したアマノさん夫婦。
美味しい牛スジの煮込みを頂きました。
写真取ろうとしたら息子が「美味い!」
と言ってほとんど食べてしまい無かった(泣)

最後に恒例の記念撮影をして解散。

貧果でも相変わらず楽しい釣行。

次週は息子の柔道部の大会があるため釣行できません。
その翌週も後輩が遊びに来てくれるので釣行は難しい状況。
今年は3月入っても釣りが出来るところがあれば積極的に行きたいですね。

2018年2月13日火曜日

2018/02/12 ワカサギ釣行 十二日に十二湖遠征

どうも。ためぞうです。

題名は洒落っけぽく(笑)
今回は青森県の十二湖へ遠征でした。

とその前に2つ長い前置き。

まず、1つめ。
インフルエンザBに罹患しました。
しかも毎年恒例のnaga船長主催の新年会の日に。
家には受験生もいる状態なので、オヤジはバイ菌扱いされる始末。
まぁそれは仕方ないのですが、楽しみにしていた新年会は欠席。
おとなしく寝ていました。来年は是非とも出席したいものです。

そして2つめ。
前回釣行時に2011年にナチュラムから購入したノーブランドのアイスドリルの刃が全く役に立たず、どうしようかと画策しておりました。職人さんに研いでもらったりもしましたが、家の前の凍った道路で試し穴を開けてみるもイマイチ。

JSYに展示してあったDAIWAのアイスドリルを購入しようか迷っていましたが、良く見ると自分の持っているドリルと同じであることが判明。(DAIWAのシールを貼っただけ)とすればDAIWAのアイスドリルの替え刃を購入すれば復活するのでは?と思い、店員さんに在庫確認をお願いしたところ、在庫無しが確定。

そう言えば、昨年ドジャースにDAIWAの替え刃があったのを思い出し、その足でハシゴ。店員さんに替え刃を奥から出してもらい見比べて同じであることがわかり、そのまま購入。

左が今までの刃、右が新品。
全く違います。これで復活です。

ナチュラムから購入したノーブランドのアイスドリルは
DAIWAの替え刃が使えます!

という訳で長い前置き終了。
この新しい刃で遠征へ出発。

今シーズンSRVヘッポコ倶楽部ワカサギ部は精力的に活動しております。
その一つが今回の十二湖への遠征。その中でも王池がワカサギ釣りの対象となる湖です。
十二湖は冬になると道路がゲートによって封鎖され自家用車でのアクセスは不可能となります。

ではどうするか?
アクセス方法は2つ。
1つめは徒歩。
約3キロの山道をひたすら1時間近くかけて歩きます。

2つめはタクシー。
ゲートは封鎖されていますが、除雪はされています。
一般の車は通行できないのですが、タクシーを利用すると10分ほどで到着します。約1500円ほど。ゲートオープン時間は8時。この時間までは早く着いてもタクシー利用はできません。朝イチでやりたい場合は自ずと徒歩となります。

で、どちらを選択するか?

当然2でしょう!

ワカサギ部の面々は自分を含め皆程よく年齢を重ねた方々。

1時間かけて歩くなんて到底無理です(笑)

タクシーは岩崎タクシーさん。大きなワゴンで来てくれます。
今回のメンバーはnaga船長、sskさん、NOROさん、ブンブンさん、ノブさん、そして自分の6人。
6人全員の荷物をギュウギュウ詰めにして全員乗って王池に出発!

荷物をおろしていざ釣り場へ。

良い雰囲気。

そしてなんとsskさん。直前にテントをポチッとやってしまったようで(笑)コールマンテントが2つ並びました。そして新しいアイスドリルの刃は何の問題もなく使用できましたよ!


魚群探知機には沢山のワカサギの反応。
比較的同じ棚で釣れ続けます。

いつもの通りワイワイと楽しくやってます。

釣れないという時間帯があまりなくコンスタントに釣れますが6名の釣果には大きな差が出てきます。やはりそこは腕の差。
竿頭はブンブンさんの3束オーバー。
自分は160くらい。約半分。
皆さん200オーバーだったりとすこぶる上々な結果でした。

15時には撤収開始。
そして記念撮影。

大満足。

帰り支度を行い、タクシーを呼びます。

が、しかし…

ワゴンタクシーは今別の場所に行っているらしくすぐには来れない。いつになるか判らないとのこと。

何という事でしょう!?
帰りは歩け!というオチがついてしまいました。

仕方なく皆で歩いて帰りました。

ほぼ下り坂ですが、
何箇所か登り坂もあり大変疲れました。

さて、今回で3回目になりますがまだ八郎湖には行っていない現状です(笑)あっという間に2月終わってしまいますね。今年は南部乗れるのかな?

と言いつつも今年は充実したワカサギ釣行をしております。残り少ない時間を有効に使って楽しみたいですね(笑)

2018年1月29日月曜日

2018/01/28 ワカサギ釣行 能代

どうも。ためぞうです。

ようやく冷え込みましたね。
あまり寒いのも考え物ですが、ワカサギ氷上釣りにはどうしてもこの寒波は歓迎です。
それでもまだ八郎潟は厳しいかも?との情報。
乗れば乗れるけど、おすすめはしないと。

というわけで、今回は能代。SRVヘッポコ倶楽部ワカサギ部の活動です。
前々からこの沼には仕事帰りに道路から覗いてみて、いつかはここでやってみたいものだと思っていました。今回ようやく実現。
今回のメンバーは我が息子と、naga船長sskさんそして体験入部のやまPさんと一緒。




早速釣り場に向かい、ドリルで穴開けをしようとしますが、なんと....
2年前に研いだ刃が全く役に立たない始末。

二年前に研いだ刃
さてこの算段をどうするか...

仕方なく隣にいた釣り人からドリルを借りて穴あけ。感謝。
そしてテントを張り釣り開始。
今回は2張り

少し遅めの到着のため、釣り開始は10時30分頃でしょうか。
もちろん今回もテント内は爆笑の渦。(周りの方々スミマセン)
そしてまた今回もnaga船長の賄い付き。

今回はホルモン。ネギがポイントです。
旨い。

ところで、今回釣行の主人公はこの方。
やまPさん。

体験入部と言いつつ、ドはまりした模様。
ようこそピクピクワールドへ(笑)。

そして竿頭は
sskさん。

昨年デビューですが、釣りセンス抜群です。さすが!

ちなみにためぞう一家は2人で束届かず。(父60 息子33)
息子はテント内でのホルモンが旨かった事と、楽しいヘッポコ倶楽部の会話が心に残ったようです。


SRVヘッポコ倶楽部ワカサギ部。
今後も精力的に活動予定です。