2018年1月8日月曜日

2018/01/07 ワカサギ釣行 田螺沼(つぶぬま)

どうも。ためぞうです。

新年初投稿です。
今年も皆さまよろしくお願いいたします。

さて年初釣行は、早くもワカサギ釣りです。
昨年湯沢市の田螺沼(つぶぬま)に釣行しましたが、新年早々ここでの釣果報告があり、新たに発足したSRVヘッポコ倶楽部ワカサギ部の初活動をnaga船長と同行の釣りとなりました。

田螺沼は八郎潟とはかなり違い、水深20m近くあります。
棚の取り方が難しく、ものすごく繊細なアタリを拾えるか?が釣果のカギとなります。

そこで今年調達したのが、シマノ レイクマスターL00R
これを使って挑みます。

準備をして釣り開始7時30分。



この穂先。優秀です。
ものすごく繊細なアタリも確実に反応してくれます。お勧めの穂先ですね。

さて、発足したSRVヘッポコ倶楽部ワカサギ部の活動は釣りは勿論ですが・・・






テント内での活動も充実。
naga船長がおいしい食事を提供してくれました。
まさに大人の遠足です。
大満足。


釣果といいますと、結果65匹。結構渋い状況。
それでも、昨年はアウェイの洗礼を受けたこの場所で30匹程度しか釣れなかったことを考えると、新たなアイテムで少し釣果を伸ばすことができました。

今シーズンは最盛期の時期の週末に仕事があるためワカサギ釣行難しいかもしれないのですが、数少ないチャンスを大事にして臨みたいと思います。

2017年12月31日日曜日

2017年を振り返り。


どうも。ためぞうです。

とうとう今年もこの季節がやってきました。
今までで一番釣行回数が少なかった年のようです。

転職してから土曜日は隔週の休みとなったのもありますが、やはり息子の部活イベント絡み、仕事絡みと何かとたくさんあったんだなぁと。
実感的にはやはり少しやり残した感が否めない。もっとたくさん釣りに行きたかったのですが、こればっかりは仕方ありません。

そんな数少ない釣りの記録から総括してみたら、初体験の出来事が多かったので今年はこれをメインにしてみました。

●初田螺沼(ワカサギ)
今年のワカサギは遠征をしてみました。naga船長とブンブンさんと一緒でした。八郎潟とは釣り方も条件も全く違うでの完璧アウェー。なかなか厳しいものでしたが、ロケーションは最高です。八郎潟が終わってもまだまだやれることがわかりました。来年もぜひ行ってみたいものです。






●初ジギング
昨年巻き巻きのセットを購入し、ゴールデンウィークに naga船長のSRV号に乗船。ラッキーワラサをゲット。 オフショアの魅力に取り憑かれました。
 

●初モノ
これまたnaga船長のSRV号に乗船して初キジハタ、初真鯛をゲット。とにかく美味しかった。またまたこれでオフショアが楽しくなってしまった。
 

  
●初試練
またまたnaga船長のSRV号に乗船中のこと。初めての船酔いを経験してしまいました。今思うとそうなるべき要素を沢山含んでいたなと反省。それでも無理矢理復活させて釣行を継続。苦しかったなぁ。そう言えば息子もオフショアデビューして船酔いしていました。

●初ティップラン
陸っぱりからとはひと味違うアオリイカの釣り。まだ入り口に立ったばかりの釣り方なので、来年もう少し楽しんでみたいものです。

●初顔合わせ
ブロ友のラテオさんと初顔合わせが実現。しかも息子の部活繋がりであることが判明。そしてその流れで初コラボの実現。趣味で繋がる関係って年齢、仕事問わず簡単に仲良くなれます。感謝。


以上初物づくし。
本当に楽しい世界を覗き込んだ一年でしたね。


そのほかと言えば.....

シーバスはそこそこ。
釣行回数が少なかった割には、打率は良かったと思います。

そして今年はノーフラット。
ヒラメの顔を拝むことがなかったな。
ソルト初めてから今まで無かったかも。

アオリイカは大当たり年。
ここ2~3年は不漁続きだったので、今年はこれまでの分も釣ったような気分。
何と言っても美味なだけに、来年も豊漁だと嬉しいのですが。

さて、もうすぐ年が明けます。
現時点でいつもの年より雪が多く、気温も冷たい。
早い段階でワカサギ釣りが始まりそうな予感。

そして来年はもう少し釣行回数を重ねるように努力したいですね。


2017年11月24日金曜日

言い訳・・・

どうも。ためぞうです。

前回のログタイトルが「アオリ好調継続中」
もうすぐハタハタの到来なのにね・・・・

ということで、先日とあるの会合にて「ブログが更新されていない!」とのご指摘を受けました(笑)

はい。

釣りに行っていないので更新できないのです。

土曜日は仕事が隔週の休みなので、チャンス激減。
10月は台風が2回到来。
そして11月の初めに息子の部活の3年生を送る会の幹事をすることとなり、
その準備で全く釣行できず。
さらに親の会の会長なるものを仰せつかり、会の中で挨拶をすることに・・・

釣りにいけないストレスと会長の挨拶、そして無事送る会を終了させるためのハイプレッシャーなストレスがたまり、とうとうダウン。

2年前に入院した時と同じ症状が起こり、医者通い。
血液検査を行い、腹部エコー、胃カメラの実施。

結果はストレス性の胃炎。
血液検査は特に問題なし。

画像を見せてもらったが、素人が見てもわかるほどの荒れ具合。

そして3年生を送る会が終了した途端に症状が一気に改善されるという状態。
かなりのプレッシャーだったなと改めて実感。

毎日胃薬飲んでますが、ようやくお酒が飲める体になりました。

と思っていると11月は毎週悪天候。
もうすぐSALTは終わってしまう。

今シーズンはちょっとやり残した感が強かった。
うーん。巻き返しは可能だろうか?

2017年10月9日月曜日

2017/10/09釣行 アオリ好調持続中

どうも。ためぞうです。

せっかく2日間のお休みも、息子の柔道の新人戦が開幕(怪我で出場できなくなりましたが)。しかも保護者会の会長となってしまったことより、来月開催される3年生を送る会の決め事のためこの2日のスケジュールでは釣行は限定的。

アオリ情報も、先週から少し渋くなってきたとのこと。
さすがに叩かれまくったのかな?と思ていましたが、満月の光に誘惑され興奮したのでしょうか。また活性が上がり好釣果の話が聞こえてきました。

となれば出撃できるのは本日のみ。
午後8時に就寝し、AM2時起床。
向かうはいつものポイント。
先端が取れればそれなりに期待できる場所。

現場到着。
先行者多数。
しかしラッキーにも先端の次に良いポイントには誰もいない。
先端のの方々に挨拶して情報収集。
すると「時合ナウ!」とのこと。

すかさず自分の今年のヒットエギR03を装着しての第1投目。
一度シャクってのボトムステイで反応。
お!一発目から幸先良い!
しかもかなりの引き具合。
ナイスサイズ(胴長20オーバー確定)。
と思いきや、最後の抜き上げでボトン・・・落下。
思わず絶叫。

気を取り直し第2投目。
連荘ヒット。
またまた胴長20クラスの良い引き。
楽しいね~。

という感じで本当に「時合いなう!」状態です。
開始1時間くらいで10杯くらいは釣れたと思います。

その後ピタリと止まり、先端の方々から場所を譲ってもらいAM10時30分までの釣行。
このサイズになるとなかなか楽しいですね。

まだ小さいサイズが混ざった状態だったので、、リリース含め20杯以上。

もう少し行けそうな気もする釣果でした。
好調のアオリイカ。
今年はどれくらい楽しませてくれるのかな。

2017年9月24日日曜日

2017/09/24釣行。 試練のちご褒美。

どうも。ためぞうです。

週末23日はお彼岸と車の点検で釣行が不可能。24日はアオリイカ釣行と決めていましたが、naga船長から24日の乗船空き出来たよ!と連絡が入り速攻でお願いしました。船長よりティップラン楽しいよ~と伺っていたので胸膨らませて挑みました。

集合場所に到着。本日の同行者はさんぷーさん。
長丁場になるかもしれないと思い、買ってきた食料の調整のためひとつだけパンを食べます。もう少し食べようか?と思うも後で食べようとして少しだけの朝食。(これが試練への1つめのファクター)
前日の海況を伺うと、乗船した中にけいパパさんいたらしく大荒れ。本日は風もあまりないのでほぼ凪ぎの状態での出船。とはいいつつも少しウネリが残っている状態。(このウネリが試練への2つめのファクター)

ポイントに到着。最初は巻き巻き。
波は高くないものの、自分の中ではこれまで経験した事のないウネリ。
あまり踏ん張れず、立って釣りができなかったので座って仕掛け投入(これが試練への3つめのファクター)仕掛けを投入したものの、いきなりリールのトラブル。これを直そうと下を向いて作業。(これが最終的なトリガー)

リールを直すのは無理と判断し、予備のリールを装着し再び仕掛け投入。ここで違和感。
そう、船酔い。しかも人生初の乗り物酔い。
これまで何回か乗船させてもらっていましたが、全く船酔いすることもなく、自分は大丈夫な人間だと完璧思っていました。

船酔いと認めてしまうと何かに負けてしまいそうだったので、精一杯踏ん張りましたがやがて臨界に達します。

リバース×2。

その後は全く回復せず、さんぷーさんのワラサを見ても、naga船長の5本指のタチウオを見ても何のリアクションも取れず只々うなだれる状態。
夏休みに息子が船酔いした時の事を思い出し、よくこんな気持ち悪い状態で最後まで乗船し続けたものだと改めて感心した次第。

何とか打開策は無いものか?と思案。
そして思いついたのが、二日酔い克服の一つである

「気持ち悪くても食べる。」
(新入社員の頃、先輩社員から教えられた・・・)

サンドウィッチを無理矢理口の中に入れて様子見。
直後はやはり気持ち悪かったものの、徐々に回復の兆し。
ポイント移動し、今度は座らず立って釣りを開始。
するとフォールでの違和感。
巻き上げ始めるとグンッグンッとロッドへの生命反応。

これは!もしや!赤い彗星?

やった!
初真鯛。
しばし放心状態。
ふぅ・・・と一息つくと船酔い解消している自分に気付きます。
その後は全く大丈夫。
完全復帰。

やがて反応も無くなってきたとのことで念願のティップラン釣行。
沖で釣れるイカはやはり一回り大きい。
ティップラン用のエギと普通のエギにシンカーを付けて色々ためしましたが、やはりティップラン用のエギに好反応。水中での姿勢が違うんでしょうね。もっと購入しよっと。
そんな中、竜巻が発生しているのを発見。
ちょっと興奮。

実はこれ一つではなくてこのあと2本くらい発生していました。
すごいですね。

そう言えば、今年のnagaさん主催の新年会の景品。
当たったのはティップラン用のエギだったんですが、お店に忘れてきてしまったのです。
きっと誰かの手に渡ったんだと思いますが、残念。

そろそろ巻き巻きしながら帰りましょうということになり、そこでワラサを1本追加。
午後4時には帰港

いやー・・・楽しかった。
試練もありましたが、ご褒美も頂きました。
SRV号に乗っていまだボウズ無し。
嬉しい。

naga船長。毎度毎度ありがとうございます。
またよろしくお願いいたします。

2017年9月16日土曜日

2017/09/16釣行 12時間釣行。

どうも。ためぞうです。

本日は通常であれば第3土曜日の出勤日ですが、一斉有休取得日のためお休みとなりました。そう、いわゆる3連休です。釣り三昧。でも3連休最後の日は息子の部活の大会。そして近づいてくる台風を考えるとこの日に集中。

向かうは男鹿。そしてターゲットは先週開幕したアオリイカ。

午前2時起床。現場3時到着。
すでに人・人・人・・・・
それでもエントリーできたのでラッキー。

夜のうちに浅場に寄ってきているイカ様を狙いキャスト。
そしてシャクる。この繰り返しを延々と夜が明けるまで続けます。
・・・
ということは、全くアタリ無しの状態が続く訳です。
・・・
そんな中、となりの釣り人は2杯ほど釣れた模様。
それならば少しはやる気出てきます。
そしてキャスト&シャクり。
・・・・・
竿の風切り音と、となりの人のユルユルなドラグ音だけが鳴り響きます。
・・・・・
あれ?今日はだめなのかな?
と思いながら日が昇るのを待ちます。

そして周りが明るくなり、海の色など確認できるようになるとようやく1杯目。
その後、沖から入ってきたのでしょうか?連続で釣れ始めます。
それも面白いように。確実に先週より大きくなっているようです。
途中アタリが止まったりもしましたが、ポツポツと断続的に釣れるのです。そんな中胴長17cm弱の大物も。

そして午後3時終了。
釣行時間12時間。
終了間際、「釣れますか?」と声を掛けられます。
振り向くとラテオさん。
偵察にきたら自分の車を見つけたとのことでした。
そして、そっくりその場所をラテオさんにお渡しして帰宅。
楽しかったなぁ。
去年の分まで釣った感じです。
しかも12時間も釣りしたのもかなり久しぶり。

また来週もアオリかな。










2017年9月10日日曜日

2017/09/10釣行 アオリ開幕。

どうも。ためぞうです。

アオリ開幕しました。
まだまだ小さいとのことでしたが、どんなものかと男鹿へ直行。

毎年いつもの場所へ到着。
先行者1名。
挨拶を交わし、どんなものか情報を伺う。
やはりまだまだ小さいとのこと。

そして第1投。
するとそれなりのサイズのアオリがエギを追いかけてきます。
しかも複数。

おー!。
今年は数が多いとの情報も納得。

3号のエギでチャレンジですが、なかなか抱いてくれません。
しかも見えイカの足下だと尚更。

もう一回り小さい2.5号のエギに変えると胴長5cmくらいアオリがようやく抱いてくれました。もちろんリリース。

その後思い切ってロングキャスト。
着水からのフォール直後にラインがギュイーンと引っ張られる。
やっとやる気のあるイカ様の降臨。
でも、小さいのが手に取るように判る(笑)。
まだまだ釣れるサイズは
みんなコロッケサイズ。

結局釣れたのは10杯。
ほぼリリース。
でも、それなりに楽しめました。
次の大潮に期待ですね。
それまで大きく育ってね。